インタビュー

  • HOME
  • インタビュー

素敵な笑顔を取り戻していただくことが私の願いです

「患者さまの目線に立って治療すること」をモットーに、歯科医師・歯科衛生士・スタッフが連携しながら日々の診療を行っています。また、患者さまが納得できる治療を提供するために、カウンセリングを重視し、「どのような悩みを抱えているのか」「どうなりたいと思っているのか」を詳しくお伺いします。

お口のことで気になることがあれば、ぜひ一度当院へお越しください。治療を終えた時に患者さまが笑顔になれるよう、一人ひとりの治療に責任を持って取り組んでまいります。

最初に、たかきやすたか歯科クリニックのコンセプトを教えてください。

皆さまの明るく素敵な笑顔をお守りすることです。お口の問題はその方の日常生活に大きく影響を及ぼしてしまいます。私は、地域密着型の歯科医院として、皆さまがいつまでも素敵な笑顔でいられるようサポートしたいと考えています。そのために、患者さまと同じ目線に立って考え、その方が何を望んでお越しになったのかを判断するよう心がけています。

歯科口腔外科で勤務した経験は、現在の診療でどのように活かされていますか?

口内炎でお悩みの方が多くいらっしゃいますが、その中から口腔癌の疑いがある方を発見することがあります。大学病院に勤務していた時は、口腔癌の治療に携わることがあり、その時にたくさんのことを学んだおかげで、患者さまの健康を守れているのかなと思います。また、外傷でお越しいただいた際も、スピーディーに対応できることは大きいですね。

複数の歯科医師がいるという強みをどのように活かしていますか?

みんなが同じ方向を向いて診療を行えるよう、定期的にミーティングを開いて、当院のコンセプトの確認などを行っています。また、以前私が勤務していた歯科医院に当院の副院長が研修医としてきていました。その時の指導役を私が務めていたので、副院長とは長い付き合いです。気心知れていることもあり、どういう治療を行いたいかという考えを共有できていることもポイントの一つだと考えています。

高木先生の考える「患者さまにお気持ちに寄り添った診療」とはどのような診療でしょうか?

その方が望む治療を提供することです。しかし、ご自身のお口の状態を詳しく把握している方はあまりいらっしゃいません。そのため、まずはお口の状態についてお伝えし、何が原因で悪化したのかを理解していただくことを重視しています。そうすることで、より納得のいく治療を選んでいただけると考えています。

患者さまに不安を与えない診療のためにどのような工夫を行っていますか?

説明を十分にするということです。お口の中の状態は自分ではなかなか把握しにくいので、何か問題が生じた際に不安な気持ちが募りやすくなります。不安を抱えたままですと、治療に対して前向きになりにくいと思いますので、きちんと時間をお取りして説明をし、その不安を取り除けるよう努めています。また、「治療が怖い」と感じている方には、小さな虫歯の治療から行うなど、少しずつステップを踏んで治療を進めるようにしています。

たかきやすたか歯科クリニックで行う診療で特徴的なことについて教えてください。

歯科医師が多く在籍しているので、一人の患者さまに対してそれぞれが意見を出し合えることです。各自が学んできた分野が異なるため、意見を出し合うことでよりお口の中全体のバランスを考慮した治療を提案しやすくなります。お口の症状は人それぞれ違うため、歯科医師が多く柔軟に対応できる体制は当院の大きな強みだと考えています。

スタッフが多いと意思疎通が難しいと思うのですが、どのように交流を深めているのでしょうか?

月に一度、スタッフとは個人面談を行っています。その時に、当院をより良くするために改善した方が良い点や、スタッフが働きやすい環境にするために必要なことを聞いています。スタッフがいなければ当院は成り立ちませんので、スタッフの声を真摯に受け止め、院内の環境改善などに役立てています。

最後に、たかきやすたか歯科クリニックの展望について教えてください。

今後も地域密着型の歯科医院として、皆さまの健康をお口の中からサポートしていきたいと考えています。特に、治療しないことが大切ですので、お越しいただいた患者さまに予防の重要性を理解していただき、率先して取り組んでいただけるような説明を心がけています。皆さまの素敵な笑顔をお守りすることが当院のコンセプトですので、お口のことでお困りの際はお気軽にお越しください。